• 会社概要
  • 事業内容
  • 生産技術研究所
    • 第3製造所
  • 得意技術
  • 主要設備一覧
  • お問い合わせ・案内図
  • 採用情報

本社

〒101-0047
東京都千代田区内神田

3-2-8 いちご内神田ビル3F (旧 COI内神田ビル)
TEL 03-3256-0688(代)
FAX 03-3256-0749


生産技術研究所

〒300-0422
茨城県稲敷郡美浦村
大須賀津1191
TEL 029-885-3820
FAX 029-885-3822

HOME >生産技術研究所

生産技術研究所

生産技術研究所

生産技術研究所
生産技術研究所

当生産技術研究所は、試作研究部門を備えた製造場として第1から第3製造所を有し、量産化技術の確立と安全性および環境問題を重視した生産活動を行っております。 特に第3製造所ではGL:5,000Lの反応槽2基とSUS:5,000L反応槽1基が設置され、従来の反応槽と合わせ数kgからt(トン)単位までの製品の製造が可能となり、大型装置による作業工程の合理化および更なるコスト削減も可能となりつつあります。
 また、この第3製造所では清浄度:クラス100,000のクリーンルームを備え、GMP対応施設として生産活動の幅も拡げています。 これらマルチパーパスな設備と技術により「品質」「価格」「納期」のいずれにおいても皆様にご満足頂けるような柔軟な対応を目指して頑張っております。

概 要

【敷 地 面 積】
6,595平方メートル
【主 要 施 設】
研究棟 鉄筋3階建 延床面積 640.00 平方メートル
第1製造所 鉄筋2階建 延床面積 171.80 平方メートル
第2製造所 鉄筋4階建 延床面積 951.60 平方メートル
第3製造所 鉄筋4階建 延床面積 1396.13 平方メートル
液体窒素貯槽および供給ライン 2,400 L 1基
冷凍冷蔵室 39.00 平方メートル
危険物貯蔵庫 82.50 平方メートル

特 徴

設備類

 当社独自の工夫を凝らし、あらゆる技術と機能に対応が可能な装置類が特徴です。

(1) 650 L GL超低温反応槽では、最大-110 ℃迄の超低温下でリチオ化や各種還元反応が可能です。さらに、SUS-316製 1,200 L超低温反応槽も稼働し、より広範に対応エリアを拡大しております。
(2) ツインスター型攪拌翼を備えた反応タンクを SUSおよびGL型に導入しており、従来型に比べて50~70%程度 攪拌効効率が向上したこれらの装置では、特に重い触媒による接触還元等で威力を発揮しています。
(3) 当社のSUS-316製 600 L精留塔は、精留段数15~18段を有し、バルブ切替で単蒸留も可能です。
また、SUS 500 Lの固体蒸留を主体とする高温蒸留装置(攪拌機能付)も稼働中です。
(いずれも減圧度1~2 mm/Hg Max330 ℃程度迄)
<得意技術>はこちら
<主要設備一覧>はこちら

環境問題

 当社は霞ヶ浦の側近に位置し良好なる風光の中に立地する企業として「環境保全宣言」を発し、排水廃液に対しては完全クローズドシステムを構築し雨水・冷却水・生活雑排水(浄化槽経由)以外は一切流さず、最終処理は認可を受けた処理業者に委託しています。
 さらに排気対策としては高性能のスクラバーによる吸収・中和対策を実施し、また創業時より地元 美浦村当局と締結した公害防止協定で定めている各分析項目についても、当局の認める第三機関に毎月分析を委託し、現在まで全項目でネガティブな成績を誇っています。

協賛企業

 当研究所の試作・製造能力に加え、長年協業関係を有する企業群と当社技術の交流のもと、多岐にわたる種類の合成受託も行っています。